専門学校に通う

採用にも有利

メディカルエステの勉強をしたいと思ったときに、一番しっかりと勉強できるのが専門学校です。
メディカルエステは、必ずしも専門学校を出ていないと就業できないということではありませんが、エステの勉強と医療の勉強をどちらも必要としますので、それ専門に学べる学校でしっかりと知識を得たほうが、就職後即戦力として役立ちます。

また、学校を出ている人と出ていない人だと、やはり出ている人のほうが採用されやすいと思いますので、本気でメディカルエステで活躍したいとお考えの方は、やはり学校を出ておくことをおすすめします。

コース

専門学校はいくつかありますが、全日制で通うことが難しい、社会人の方で日中仕事をもっている、という方のために、夜間の教室を開校している専門学校もあります。
だいたいの専門学校が二年制となっており、2年間みっちりエステや医療についての勉強をします。

専門学校は、中学卒業から受け入れているところも多いですが、医療系エステの専門学校においては、高卒より受け入れを行うところが多いです。
医療の勉強もありますので、ある程度の基礎学力がついた年齢からでないと勉強についていけないからかもしれません。

前述したように、医療系エステでは夜間コースを設けているところもあるので、社会人の方や、働きながら学びたいという方でも時間の都合をつけて通学することができるケースも多いです。
昼間のコースは、新卒で進学した方や、主婦の方などが多く通われています。

勉強内容

医療系エステでの勉強は、医療についての実習もあるので、エステのみの実習よりもハードです。
ケミカルピーリングなどの実習を行う専門学校もあるので、血が苦手な方や、ちょっとスプラッタ系(スプラッタ系の実習はありませんが)など、ケガをしたような状態を見るのが苦手、という方は、覚悟が必要かもしれません。

そういった方でも、絶対無理ということはないので、あきらめないでチャレンジしてみましょう。

費用

専門学校の場合は費用が高いことがありますが、奨学金制度を利用することができたり、国や民間機関の教育ローンを利用することができるケースもありますので、学費については専門学校のホームページなどを見てみましょう。
学校によっては一年分の学費を分納できる場合もありますので、そういったシステムはぜひ積極的に利用したいですね。

よりしっかりと医療系エステについて学びたいという方は、専門学校で学ばれることをおすすめします。
テキストも実技も、より深いところまで医療系エステについて勉強できると思われます。