メディカルエステの勉強

メディカルエステは、医師以外でも少なからず医療の知識を身に付ける必要があるほか、通常のエステとは施術が異なることも多々ありますので、専門学校に通って勉強したり、医療系エステ専門のスクールに通って学ぶなどの勉強が必要になります。

メディカルエステの専門学校

まず、メディカルエステ専門学校の内容をご紹介しましょう。
専門学校では、進学はもちろん、社会人入学の方も十分に通うことができるよう、さまざまなコースが設けられています。

通常専門学校は約2年間通う必要があり、こちらは昼間と夜間の両方のコースがあります。
夜間は社会人の方のために設けられており、日中仕事をした後に通うことができるので助かりますね。

夜間コースは、2年間通うことが難しい方のために、内容を濃くした1年コースが設けられている学校もあります。
昼間仕事をして、夜に専門学校に通うという生活を2年間続けるには、かなりの体力と強い意志が必要になりますので、無理があると感じられた方は、1年間集中して通うのもひとつの方法です。

1年コース、2年コース共に夜間コースにおいては、ほとんどの専門学校で設けられているいようですが、ない学校もあるようですので、事前に確認しておきましょう。

メディカルエステのスクール

次にスクールです。
スクールは、いろいろなカリキュラムに分かれていて、そのカリキュラムごとに勉強する形となりますが、学校と違って授業時間がきっちりと定められていることはなく、いろいろな時間に授業が設けられているので、ご自分のスケジュールに合わせて授業に参加することが可能です。

期限内であればいつでも授業を受けることができるので、社会人の方も無理なく通えることが、スクールのメリットといえます。

◆参考サイト:メディカルエステ専門学校情報

目指せ!メディカルエステティシャン

専門学校、スクール共に、医療的な観点からピーリングやその他美容についての勉強をします。
細胞学や婦人科学など専門的な知識の勉強が多いので、しっかりと人体についての学びを深めることができます。

専門学校もスクールも、どちらでもしっかりと学ぶことはできますが、専門学校のほうがどちらかというとより学ぶ分野が広く深い、という場合が多いようです。
また就職においても、どちらかというとスクールよりも専門学校のほうが就職に有利になるようですが、例えば通常のエステでの就職経験があり、知識を深めて医療系エステに転職したいというケースであれば、スクールでも十分に就職活動に役立つと思われます。

どちらを選択するにせよ、しっかりと学ぶという気持ちが大切ですので、基本はご自身のやる気次第。
メディカルエステへの就職を検討されている方は、ご自身のライフスタイルに合わせたやり方で、しっかりと学びましょう。

専門学校に通う
スクールに通う(作成中)