フォトフェイシャル

顔のトラブル対策に「フォトフェイシャル」

フォトフェイシャルとは、スキンケアを行うエステサロンで受けることができる施術の1つで、シミやそばかす、メラニン色素の沈着といった顔部分に起こりがちなトラブルに対応していくことができます。

顔部分はどうしても目につきますし、一度老化現象としてシミやシワが発生してしまうとなかなか解消することが難しいですから、それらを一度に解消してくれるフォトフェイシャルは大変便利な施術です。

フォトフェイシャルの基本的なしくみとしては、IPL(インテルス・パルス・ライト)という光線を顔に照射していくことにより、顔の皮膚の中にある毛細血管やメラニンに直接働きかけ全体的な治療をしていくことになります。

従来までのフェイシャルエステと大きく違うのが、シミやシワといった肌トラブルと、シミやそばかすといった色素沈着、ニキビや吹き出物のような肌荒れなどそれぞれの症状によって別々に治療をされていたところを、一度に対応していくことができるようにしたということです。

フォトフェイシャルの効果について

フォトフェイシャルが顔に起こるお肌のトラブルに全般的に効果があるのは、使用される光線が皮膚にあてられることで根本的な原因解決をすることができるためです。

例えば紫外線によって起こるシミやそばかすのような色素沈着に対しては、光線がメラニン色素にダメージを与え、肌表面に浮き上がらせる効果があります。
また同時に肌のたるみや小じわに対しては、皮下にある細胞を活性化させることにより肌の水分維持の力を高めふっくらとした肌を作ることができるようになります。

広範囲に一度にたくさんの効果があるというふうにいうと、施術のあとに肌が腫れたり痛みがあったりするのではないかと思ってしまうところですが、そのようなことも全くなく施術が終わってすぐに通常のメイクをしても全く問題がないというほどです。

フォトフェイシャルの副作用は?

大変便利なフォトフェイシャルですが、全く副作用がないかというとそういうわけではありません。
といっても基本的には使用される光線は人体に害のない優しいものなので、通常の使用に関して特に問題が起こるということは滅多にありません。

それでも施術後に何らかのトラブルが起こってしまうケースとしては、まず効果をより高くしようと通常以上の出力をしてしまった場合です。
きちんとしてエステティシャンさんがついてくれればそのようなことはないはずですが、お客さんの方で強く希望して無理に大きな出力の光線にしてしまうと、あとから肌が腫れてしまうなど副作用があることもあります。

他にも妊娠中や生理中など肌の状態がいつもと違うときや、やけどや強い日焼けで肌にあらかじめ強いダメージがあるときも、施術によって肌が傷んでしまうことがあるので十分に気をつけましょう。