レーザー

レーザーは、気になるシワやシミなどを消してくれる、メディカルエステでの施術のひとつです。
シミが気になるという方はかなり多く、比較的手軽に施術を行っていただける上に、メディカルエステの施術の中では料金も安価なので、利用する方が多い施術になります。

レーザーを照射してシミを焼き、その後は日焼け止めを塗りながらシミが消えていくのを待ちます。
照射したあとの患部は、一度かさぶたのようになって、かさぶたが剥がれてピンク色になり、その後またシミのようになります。しかしそこであきらめることなく毎日きちんと日焼け止めを塗っていくと、1ヶ月から3ヶ月くらいでシミのあった箇所の色が薄くなっていき、最終的にまったく目立たなくなるという流れです。

この、一時的に皮膚の色が戻ってしまったようになる期間が、人によってかなり長いことがあり、長い場合で半年以上かかることもあります。
そのため、「結局シミがとれなかった」とあきらめてしまい、UVケアを怠ってしまうと、新しい皮膚がまた紫外線のダメージを受けてしまい、同じところにシミができてしまいます。
一度レーザーでの処置を行ったら、長い目でみながらケアを続けていきましょう。

ただ、レーザーでの施術が合わないという方もいらっしゃるようで、やはり本当にシミがとれなかった、という方もいらっしゃいます。
通常はその人の肌はレーザーでの施術が問題ないか、体に合っているかということを確認するために、お試しのレーザー照射を行ってから、本番の処置を行うのですが、それでもまれにあまり効果が見られないという方もいらっしゃいます。
また、小さすぎるシミや、薄いシミには効果がなかったり、あまりにガンコなシミになると、やはり効果が出ないということもありますので、そのシミがレーザー照射で消えるかどうかということは、カウンセリング時にしっかり確認しておきましょう。

昔はレーザーでのシミやほくろ取りはかなり費用が高かったのですが、最近はどんどん低価格になってきて、消費者側も施術が受けやすくなりました。
シミが大きくなりすぎないうちに処置してしまったほうが、のちのち「やっぱりとっておけばよかった」ということにならずに済みますので、気になる方は勇気を出してカウンセリングに出かけてみましょう。
意外と簡単に終わってしまうので、拍子抜けしてしまうかも?
ただし、シミが濃い方は、照射時の痛みを強く感じる方もいらっしゃるようですので、覚えておきましょう。