メディカルエステ~フェイシャル~

メディカルエステでのフェイシャルは、カウンセリングから少し通常のエステとは違いがあります。

通常のエステとメディカルエステ

通常のエステでは、エステティシャンが顧客自身に肌の状態や体質などをヒアリングし、それにもとづいて施術メニューが組まれますが、メディカルエステの場合は、医師が実際に顧客の症状を確認し、その症状に応じた施術メニューが組まれます。
これは、通常のエステと医療系エステの一番大きな違いです。

例えばニキビであれば、よほどのことがない限り、ニキビの症状というのは、パッと見ただけではその違いがあまりわかりません。
にきびの場所(頬なのか、フェイスラインなのかなど)に応じて原因の違いがあるともいいますが、必ずしもそうとは限らないし、見ただけでその症状に合わせたメニューを考えるというのは、医療知識がないと難しいのではないかと推測します。

もちろん、通常のエステがよくないということではありません。

医療系エステよりも、マッサージの技術などにおいては通常のエステのほうが優れているということもありますし、エステならではの癒し効果も、医療系エステより通常のエステのほうが高いと思われます。
ただ、ニキビなどのある意味「疾患」といえるような症状の場合は、医療系エステの診察を受けてから施術するという流れのほうが、安心して受けられるのではないでしょうか。

症状に合わせた的確な施術

診察後は、症状に合わせた施術が行われます。
ニキビだったら、芯を取り除くような処置おこともありますし、ケミカルピーリングやシワとりマッサージなど、医療系エステならではの施術が行われるほか、医療系エステでしか扱うことのできない機械を使った施術もありますので、かなり本格的です。
医療系エステでの施術は、場合によっては美容外科に近い場合もあるかもしれませんね。

これらの施術すべてが、医師の監視下のもとに行われますので、受ける人はとても安心していられるのがうれしい。

通常エステの場合は、なにかトラブルがあったときは、提携の皮膚科に回されることがほとんどなので、移動時間の分処置が遅れてしまいますが、医療系エステであれば、その場で医師が処置してくれるので、より早く対応することができるのも安心に輪をかけます。

医療系エステは、ニキビだけではなく、アンチエイジングやハリなど、通常のエステで行われるようなトリートメント的施術もありますので、「癒やしもほしい」とい方にもぴったりの施術があります。

いろいろな用途で利用できるというのも、医療系エステのメリットかもしれませんね。

ピーリング
ヒアルロン酸注射(作成中)
レーザー(作成中)