二の腕ぶつぶつ(毛孔性苔癬)

そのブツブツ、毛孔性苔癬かもしれません

女性にとって肌のトラブルは大きな悩みとなるものですが、顔だけでなくほかの目立つ身体の部分に表れるものもまた深刻です。

夏場など薄着の季節になるとどうしても腕の多くを露出することになりますが、そのときに二の腕に表れるブツブツは大変見苦しく、それがあるがために思い切って半袖を着ることができなかったりします。

この肌に出るブツブツ状のものは「毛孔性苔癬(もうこうかくかしょう)」と言われるものであることがほとんどで、その部分にある毛穴に角質が詰まってしまうことにより起こります。

一度できてしまうとなかなか取れづらく、また触ったときにかなりゴツゴツした感じになってしまい見た目も赤褐色~茶色になり、肌を覆う以外に隠す手段はありません。

しかしそれがあるからといって特に肌が傷んだり痒くなったりすることはまずないので、なんとなく放置してしまっていることも多いようです。

その毛孔性苔癬は取れます

「嫌だな」と思っていつつもどうやったらキレイになるのかわからないまま放置をしている人に知ってもらいたいのが、それが「毛孔性苔癬」なら必ず取ることはできるということです。

毛孔性苔癬は皮膚疾患の1つですから、適切な治療や施術を受ければ比較的簡単にとることも可能なのです。

毛孔性苔癬の特徴は非常に早い時期から発症するということで、小学校の高学年くらいのうち20%はこの症状が見られているとも言われています。
これは中学生、高校生となっていくにつれ数が増えていくようになっており、思春期のニキビと同じようにその時期ならではの大きな悩みとなります。

ただ放置しておいても30代くらいには自然にキレイになっていくという人もいるので、思春期の時期に焦って必ず治さなくてはいけないというわけでもないようです。
一方で年齢が高くなっても消えずに残ってしまう人も中にはいるので、どうしても気になるなら早めに診察を受けるというのもよい方法です。

毛孔性苔癬の主な治療法

毛孔性苔癬の原因は毛穴に角質が入り込むことですが、これは全ての人が起こるものではなく遺伝的にできやすい人がいます。
特にかなり幼い時期から発症している人は、両親などに同じような症状が起きていることがよくあります。

他にも代謝異常や肥満、不健全な食生活が原因となり起こってしまうこともあります。

エステやクリニックで毛孔性苔癬を直す場合には、まず古い角質を取り除くための施術を行います。

この角質除去は他の肌でも使用される機器が使用されることもあれば、専用のものがある場合もあります。
サロンによっては「ピーリング」という徹底的に古い角質をそぎ取る方法を行うこともあります。