脱毛

美容外科で行われる脱毛は、光脱毛もありますが、ニードル脱毛といって、毛穴のひとつひとつに直接アプローチをし、毛根から新しいムダ毛が再生することができなくなるようにする脱毛方法が主流です。
光脱毛は最近たくさんできている脱毛サロンで行えますが、ニードル脱毛は医療機関でないと行うことができないので、希望の方はメディカルエステなどの医療機関で行う形になります。

また、レーザー脱毛という脱毛方法も、医療機関でないと行えない脱毛方法です。
根本的には光脱毛と同じ感じなのですが、光脱毛とは光の出力レベルが違います。
光脱毛は、法律でどの程度までのレベルしか照射レベルを上げてはいけないと決められているいので、しっかりと脱毛したい方には、照射レベルが足りず、きれいに脱毛ができない可能性もあります。
しかしレーザー脱毛の場合は光の照射レベルが高いので、細いムダ毛にもしっかり反応して、きれいに脱毛することが可能です。

その代わり、レーザー脱毛は照射時の痛みが強いので、痛みに弱い方は覚悟が必要です。
ニードル脱毛においても、毛穴にごく細い針のようなものを使って処置をしますので、かなりの痛みがあります。
しかしニードル脱毛は、一回施術を行えば、ムダ毛が再生してしまうことま一切ありませんし、レーザー脱毛の場合も、ニードル脱毛には劣るものの、しっかりとした脱毛効果が期待できます。

光脱毛も同様ですが、ムダ毛には(頭髪もですが)毛周期というものがあり、それにそって施術を行うのが効率的ですので、レーザー脱毛の場合はその毛周期に合わせて施術を行います。
最初のうちは1ヶ月に1回、ムダ毛がなくなってきたら、3ヶ月に1回くらいのペースで施術をします。ニードル脱毛の場合は直接毛穴に処置を行いますので、特に毛周期は関係なく、痛みなどによって施術の間隔を決定する場合が多いです。

やはり、光脱毛よりもレーザー脱毛やニードル脱毛のほうが料金はお高いのですが、ガンコなムダ毛に悩んでいる方などは、メディカルエステで効果の高い脱毛をすることをおすすめします。
光脱毛は、痛みが苦手な方には照射レベルを下げて対応することができますが、その分ムダ毛の再発率も高いです。
ちなみに、レーザー脱毛でも照射レベルを調節することは可能ですが、その分脱毛効果も低くなりますので、高い料金を払って脱毛するのですから、照射レベルを下げるのはあまりおすすめできません。
脱毛についても、事前にカウンセリングを行いますので、不明点はスタッフの方にいろいろと聞いてみてくださいね。